facts

オワタ\(^o^)/


ビットコインキャッシュの時代へ?

2017/11/12 9:20] 投稿者: lazycat カテゴリー: Gridcoin, 仮想通貨

10月末にSegwit2Xに向けて準備をしていましたが、Segwit2Xは延期という名の中止になってしまいましたね。
個人的には強行してカオスになるのも見たかったのですが…。

ビットコイン(BTC)のHFがなくなって安泰ということでBTCはすぐに最高値をつけました。
ですが、実は安泰じゃなくて性能が頭打ちだけどもう何も対策できないコインだということがバレてしまいました。

BTCの2X派が消滅したので、ビックブロック派はビットコインキャッシュ(BCH)に流れるしかなく、BTC対BCHになってしまいました。

BTCとBCHの比較は高速道路とかバスで例えられていますが、個人的に電車の方がしっくりきます。
特にでかいバスのたとえは中国の詐欺を思い出してよくないです。

BTC鉄道の歴史。
どこかの村にBTC鉄道ができました。田舎ですがなぜかだいたい10分間隔で電車が来ます。
最初は人の少ない田舎だったのと、いきなり長編成の電車だと管理が大変そうだったので、1両編成の電車で、1両対応のホームしかない状態で開始しました。
ポケモンマスターを目指していた創業社長は周りの人口が増えたら車両を増やすつもりでした。
創業社長は引退し、初代の意思を引き継いだ新社長は役員会で追い出されてしまいました。
重要なことは社長を追い出した役員会で決定することになりました。
今はもうない駅で乗客の大量失踪事件も起こったこともありましたが、事件も過ぎ去れば忘れられます。
村が成長して人口も増えたので電車が混んできました。1両だけでは乗客が乗り切れなくなってきました。
優先乗車券を買うと優先的に乗れます。
混雑を解消する方法を決めることにしました。
社員たちは車両を増やせと言いましたが、車両が増えると運行に支障が出るというよくわからない理由で、役員会でSegwitという名前の高さはそのままなので同じ線路を走れるの2階建て改造車両を導入することに決定しました。
2階建て車両を導入してもそもそも1両編成のままでは限界が見えているので、そんな無駄なことはせず社員たちは車両を増やせと言い続けます。
2階建て車両の導入後に、今後のために車両を2両編成にする計画が立ちました。
2階建て車両は導入されましたが、同時に反役員会の人と改造車両に疑問を持つ人たちが独立して、BCH鉄道を作りました。
BCH鉄道は元々の車両を増やした8両編成で、ホームは32両まで対応しています。
もし32両で足りなくなった場合はさらに長編成にする方針です。
新会社なのであまり信頼されてなかったのと、電車が数時間遅れたり、10分間隔のダイヤがかなり乱れることが多かったので、BCH鉄道の乗客は増えませんでした。
BCH鉄道だけだと赤字なので、独立はしたもののBTC鉄道の仕事も提携して行うことにしました。
BTC鉄道の方は2階建て車両になりましたが、それでも毎日2万人乗りたい電車に乗れない人がいます。
しかも2階建て車両は使い勝手が悪く2階まで思ったより乗客を入れられませんでした。
結局、一部の役員が反対し続けるのでBTC鉄道の2両編成の導入計画は中止になりました。
反対していた役員はタクシー会社と結託して、あふれた乗客を運ぶ予定でした。ちなみにタクシー外車の車両の開発は完了の目処が立っていませんでした。噂では数年かかるそうです。
乗客たちも人も何で車両を増やさないのかと思い始めました。それに電車の代わりにタクシーだと今の優先乗車券並に高い可能性があります。
BTC鉄道で乗りたい電車に乗れない人は毎日10万人になりました。優先乗車券も値上がりし続けます。
BTC鉄道の改札を出てすぐ近くに、8両編成のBCH鉄道がありました。
今は電車がちゃんと来ています。BCH鉄道の問題だったダイヤ乱れも今後なくなるそうです。

書いてたらめちゃくちゃ長くなってしまいました。

やはり、BCHに流れるのは必然だと思います。
怪文書のせいではないと思います。

BCHの価格ものすごい勢いで上昇しています。

ついにハッシュレートも逆転しました。

BTCの未確認取引は上昇しています。14万近くになってます。

BTCのHFでオルトコインが巻き添えで死んだときにGRCを買い戻そうと思っていましたが、BTCのハッシュレートが下がって取引所に送金できないんじゃないかなと予想して11月頭にGRCまた買いました。
GRCはBTCにつられて下がってしまいましたが、一緒にBCH買い増ししたのでノーダメージです。
さらに考えたらBTCじゃなくてBCHで送金すればいいだけでした。

この未承認のトランザクションがBCHを買うためのものだとしたら、まだまだ続きそうです。
そして、送金したのに承認されないという事実で今のBTCのクソさを味わうことでしょう。

そういえば11月頭の時点でGRC買ったときもすぐにトランザクションが承認されませんでしたね。

ただ、BCH今はマイナーのボーナスタイム中なので、ボーナスタイムが終わったらまたハッシュレートはBTCに戻る気はします。NTCの未確認取引も減るでしょう。
BCHのDAA導入のハードフォーク後にどうなるか?ですね。

BTCの時代が終わり、BCHの時代になるかもしれませんが、PoWの電気の無駄が問題視され始めたときに来るのはPoR(PoS+PoB)のGRCだと思っています。

コメントする

CAPTCHA