facts

オワタ\(^o^)/


ビットコインのSegwit2Xに向けて

2017/10/29 20:00] 投稿者: lazycat カテゴリー: Gridcoin, 仮想通貨

Gridcoinの報酬も安定して支払われるようになり、Gridcoinの方にも特に動きがないので特にやることもなくなってしまいました。

Gridcoin以外だとビットコインしかやったことはないですが、仮想通貨ではビットコインの話題は尽きないですね。

ちょっと前にビットコインゴールド(BTG)の分岐がありました。
BTGをもらうためだけにビットコインを買いましたが、もらえることが確定したブロックになった途端にビットフライヤーが落ちて売ることができませんでした。
同じことを考えている人がたくさんいたんでしょう。
損切りするか迷いましたが、数日待ったら元の値段より高くなってくれたので微益撤退できました。
そもそもBTGは完成したんでしょうか?
もらえたらラッキーということで待ってみたいと思います。

今後ビットコインシルバー、ビットコインブロンズとか、クソみたいなHFもあるとかないとか…。
あんまりよくないと思います。

BTGの後は、ついにSegwit2x=NYAです。
そう簡単にいくのでしょうか。
ビットコインキャッシュ(BCH)も絡んで、とんでもないことになるかもしれません。

8月のHFの時点では仮想通貨自体を始めて日が浅かったのと、日本ではBitcoin Core派の情報にしか触れる機会がなかったので、BCHのことをビットコインのコピー品でジハンが引くに引けなくなり苦し紛れに作ったコインだと思っていました。
当時はビットコインのSegwit歓迎ムード一色だったような気がします。
ジハンもビットコインを混乱させる悪いやつだと思っていました。

10月の頭くらいからSegwitを導入したビットコインはもはやビットコインではないという説が目につくようになりました。
簡単に言うと、サトシナカモトのビットコインは署名入りのブロックの連続したチェーンがビットコインであり、署名のないものはビットコインじゃないということです。

最初はBCHを広めたい人のポジショントークだと思ってたいして気にしていませんでしたが、Gridcoinの無報酬の時にPOR blockに署名できないのが原因でトラブルが発生していたのでなんとなく考えが変わりました。
やっぱり署名は大事だよなと。

Bitcoin Coreが進めているSegwitからのライトニングネットワーク等は、メインチェーンとは別のレイヤーで処理されるのでオフチェーンスケーリングと呼ばれてます。
メインチェーンは署名もなく必要時に署名が参照されるだけになり、さらにオフチェーンで処理が行われると、メインチェーンの公開された台帳としての役割がよくわからないことになります。

マイナーがいなければネットワークが維持されないのに、マイナーの意見とシグナルを完全無視しているBitcoin Coreもおかしい気がします。
それこそ中央集権ではないのでしょうか。
Bitcoin Coreの実態はBlockstream社のようで、会社の息がかかっているので有志の開発者なのかという疑問があります。

知らない間にCore派の息がかかった意見に洗脳されていたのかもしれません。

BCHが本来のビットコインに近いとなると、今のビットコインは何なのでしょう。ライトコインのコピー?
ビットコインあっての仮想通貨だと思いますが、正直なところ特徴や機能が同じようなコインはいくつも必要ないと思うんですよね。
ライトニングネットワークがやりたいならライトコインやモナコインでいいのでは。

ジハンに対しての悪印象もたいしてなくなりました。
というむしろビットコインに貢献しているのにFUDがひどいようにも思います。
GOX後にビットコインをマイニングし続けていたり、BCHも赤字でマイニングし続けていたり、いろいろと考えてはいるんでしょう。

ロジャー・バーとか50万ドル発言のジョン・マカフィー、SBIもBCH派なんですよね。
やはりBCHが真のビットコインなのでしょうか。
ライトコインのチャーリーとかの方がいちいちビットコインに口出ししてておかしいような気もして調べてみたら、どうやらライトニングネットワークがらみでBlockstream(=Bitcoin Core)とズブズブなようです。NO2Xとか言ってたのも納得。

それはさておき、最終的な結果はユーザーとマイナーがどう動くかで決まります。
売買をしているだけのユーザーにはビットコインの理念等はあまり関係ないですね。

というわけで、今後考えられる最悪の楽しいシナリオを考えてみました。

BTCがBTCとB2Xにハードフォーク。
BTCのハッシュレートが1割になる。B2XのハッシュレートをBTCよりちょっと多いだけ残してマイナーがBCHに移動。
BTCとB2Xのどちらもまともにブロック生成ができなくなる。
取引所がBCHとFIATの取引ができるようになり、基軸通貨がBCHに変わる。
BTGがSegwitチェーンで力が強くなる。
BTCとB2Xは消滅しBCHとBTGが残る。

とりあえず、オルトコインはいつものようにビットコイン問題に巻き込まれて先に死ぬと思うので、GRCは数日に1回報酬が来る量だけに減らして手じまいしました。

当事者じゃないと面白みが減るので、10月半ばに1枚だけBCHを買いました。
底値だったようです。
BCH基軸説が広まってきてすでに数日前からBCHが上がってきています。
面白くなりそうですね。

コメントする

CAPTCHA